自立と共生
一.「自立と共生」
一.「継続は知恵の力である」
一.「財なくば知恵を出せ、知恵なくば汗をかけ」
一.「冷や汗も汗である=プラス思考」

爾来の生活習慣に復帰していただく為に、親族や近隣住民との触れ合いの場を多くする事を本旨とする。
    3S実行推進
       「より迅速な対応    スピーディ」
       「より細やかな対応   サービス 」
       「より安全な施設の提供 セーフティ」
以上を基本として、「介護してやる」ではなく「介護させてもらう」という感謝の気持ちを大切にし、「より入所者と」「より家族と」「より地域と」共生していくか、平成14年12月の開業より日々研鑽して参りました。
今後益々の精進を重ねて参ります。

我々は
 より迅速な対応の提供     SPEEDY
 より細やかなサービスの提供 SERVICE
 より安全な施設の提供     SAFETY
の3Sを運営理念とし職員ひとりひとりが「疑問」→「思想」→「行動」→「結果」を繰り返し、より「家族」に近い環境を提供することを日々創意工夫します。


 ※本人や親族から、過去の経歴の聞き取り調査
 ※役職員全員の対策会議(個々に対策を協議する)
 ※現在馴染みのない生活用品の発掘(湯たんぽ、コタツ、うちわ等)
 ※農園、花壇の設置(業は出来る限り入所者にて行う)
 ※施設便りの定期刊行(親族に発送する)
 ※誕生会の実施(親族の参加も促す)
 ※鑑賞会の実施(ボランテイアによる演劇等で親族、近隣住民参加も促す)
 ※趣味等の発掘
 ※来訪者の無差別化(入所者に危害を加える恐れのある者は除外)
グループほーむ 楓の家
 

組織概要・アクセスマップ|個人情報の保護方針について|トピックス|サイトマップ
Copyright(c) 2008 グループほーむ 楓の家 All right reserved.